Uncategorized

おすすめの糸リフト

以前の糸リフトの性能

 

 今日は、よく行われているたるみの治療方法である糸の治療について説明させていただきます。

私は、さまざまな種類の糸を見たり、経験したりしてきました。これまで多くの種類を検討してきました。

そして今回、特に有効な糸を見つけたので、紹介させていただきたいと思います。

実は私はずっと糸の治療を行いたいと思っていました。

その理由をまずお話ししましょう。

以前、ハッピーリフトという溶ける糸を使用した治療を行っていました。糸の両端にトゲトゲが付いており、頬の外側や内側、こめかみの外側に2つの穴を開け、長い針を使用してたるみを改善する治療でした。

しかし、糸自体の性能があまり良くなかったため、引っ掛かりが悪く、くぼみやライン、筋が出ることがありました。それも直線的に入れると引っかかりが悪いため、U字型に工夫することで効果を出すようにしていました。

糸の性能が悪いため、皮膚の下で移動して糸の先が出たり、化膿しやすいという欠点がありました。それでも、効果を出すために工夫しましたが、糸の性能が良くなかったため、使用を中止しました。

その後、数年前には使用を諦めました。他の会社から様々な種類の糸が発売され、新しいものが出た時には、デモンストレーションや販売業者がモニターを募集する発表会に参加して勉強しました。

過去に比べ、糸の性能が向上してきているものの、まだ完璧なものは存在しなかったため、手術や処置が終わっても、効果を感じられない場合がありました。

糸が上がっているものの、ラインが出たり、腫れが強かったりして、患者さんの痛みが強くなってしまうことがありました。

そのため、しばらくは糸の治療を行っていませんでした。

MWリフトの性能

しかし、最近ではMWリフトという治療方法があることを知り、その治療を行っている知り合いの先生が処置している患者さんの現場を見学し、勉強することにしました。

MWリフトの治療では、痛みが少なく、穴を開ける箇所も1〜2箇所で済むため、以前よりも措置中の痛みが少なくなりました。

また、以前は多数の穴を開ける必要があったため、細かいくぼみが多く残ってしまうことがありましたが、MWリフトではくぼみが出来にくく、糸のラインも目立たないため、驚くほど効果的な結果が得られるようになりました。

私自身も、MWリフトの効果に驚き、この治療方法を導入することに決めました。導入後、患者さんからは驚きの声が多く、治療後の腫れが少なく、たるみが改善されたことに感激されています。

MWリフトの効果を実感していただけることは、私自身もとても嬉しいです。

以前に使用していた糸と比較すると、今の糸の進化には本当に驚かされます。ただ、糸の種類によっては、上がりが強すぎる場合もあります。

私はMWリフトを使用していますが、他の医師の中には、よりマイルドに上げたい方に向けて、異なる種類の糸を使用している方もいるようです。

私はMWリフトの効果について褒めすぎているかもしれませんが、副作用や副反応が少なく、違和感も少ないため、私はこの治療方法を強くお勧めします。

MWリフトは溶ける糸を使用するため、時間が経過すると自然に消失します。

しかし、糸が入っていた部分のコラーゲンは増えるため、完全に元に戻ることはありませんが、ある程度の維持効果があります。

インターバルとしては、1年半から2年ほどが目安ですが、早く気になる方は1年ほどで追加の治療を行うこともできます。

このように進化した糸の治療が現在提供されており、私は自信を持ってお勧めできる治療の一つだと思います。手術を受けることに抵抗がある場合でも、糸の治療は進化し続けています。